我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。

うつ病?怠け者?仕事に行きたくない40歳IT企業のサラリーマン

utu-12-8099

会社でのやる気が無く、うつ病かも・・・私は、40歳を目前にしたサラリーマンです。転職を繰り返し、4社目の会社にいます。

4社目の会社はIT業界です。始めてこの業界で働き始めて6年が経ちました。他の業界とは違い、成果主義の色がとても強い業界です。

そのため、技術者の人は「うつ病」になって休職したり、辞めて行ったりする人が多いです。私は、一般職として入社し間接部門として経理を担当していました。


スポンサーリンク


分析担当で仕事が楽しかった時期もあった

「分析を担当し、仕事が楽しい」と思っていました。しかし、月日が経つに連れて、直接部門と間接部門の間に隔たりがあることが分かりました。

そのため、知りたい情報や数字が入手できず、納得の行く資料が作成できなく、成果を上げることが出来ない状態が続きました。

そんなある年のこと

上司の責任転嫁が酷く、やる気が無くなって来ました。

上司の責任転嫁の内容

自分の保身しか考えてなく、全ての責任を押し付けてきました。私の作った資料の発表は自分でしろ!最初は役職者会議に議事録担当として参加していたのが、上司は全く参加せず、全てを私に押し付けてきました。

何か成果が上がれば上司のプラス評価、何か失敗すれば私のマイナス評価、そんな上司の責任転嫁に呆れました。

現場が働きやすいようにすることを考えろ。そう言われ続けてきました。それに反論することはありません。現場が働きやすい様に工夫してきました。

しかし、ここでも責任転嫁が・・・マンスリー契約において、上司も印鑑を押しているにも関わらず、お客様の都合で仕事が短縮になり、マンスリー契約も短縮するように指示が・・・。

でも、そのマンスリー契約はキャンセル不可で契約期間の料金を必ず支払うことが契約書に書かれています。

ここで、現場からキャンセル料の負担はしないから間接部門で処理してと言われたのです。

会社で負担するのかと思いきや、私が担当なので、キャンセル不可の契約をした責任を取りなさいと。

私はこの時、上司を疑いました。私も一時期は課長職を経験し、役職者は部下を育てることと守ることが大切だと思っていたからです。

翌日から急に、本当に急にです。

「会社に行きたくない」

という気持ちが芽生えて来ました。当初は、怠けたいだけだろう・・・と自分に言い聞かせていました。

スポンサーリンク

会社に行きたくないという症状

・名前を呼ばれると悪いことしか想像できなくなり
・緊張からお腹が痛く、下痢が続く
・考える思考が止まってしまった感じ
・物忘れが多くなった
・体調を崩すと回復が遅くなった
・話しかけられるのが怖く、また何か失敗をしたのでは思う
・会話をしたくなくなった
・何か失敗すると全て自分の責任だと自分を責める
・表情を出さなくなった
・疲れが取れない
・睡眠時間が多くなり、眠くて昼寝をするようになった
・家族がいるから自殺しようとは思っていないが死んでも構わないと思う

このような症状になって3年位経ちます。上司からは、

・性格の問題だから、性格を変える努力をしなさい
・もっと積極的に行動をしなさい
・協調性を持ちなさい
・何を考えているのか分からない

と面談を行うたびに言われ続けています。

そのため「ダメ社員」というレッテルを自分に貼り、自己防衛をするようになりました。

会社では、こんな感じですが、家や会社以外の人たちとの時は、至って普通に接していると思います。

会社にいる時だけ「症状」が出るのです。

このことを会社以外の人に話したら、それは、「うつ」だよって言われました。一度、診てもらった方がいいと・・・。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す