我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。

住宅ローン

 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

金運アップ!財布を購入したら「これ」をすることで金運財布になる

saifu-2-8090-2

お財布を購入して、中に入れるお金が無くなってしまった・・・なんて言っている人、いませんか?

財布を購入したら、金運アップのためにするべきことがあります。

これで、あなたの財布も金運アップすることができます。

スポンサーリンク



重要!最初にお財布に入れるお金

お財布を購入したら、一番最初にお財布に入れるお金が重要です。最初にお財布に入れるお金の量を財布が覚えていて、その金額を維持しようと財布がします。

これは、風水的に良い金運アップ法で、使い始めたばかりの財布には、できるだけ多くのお札を入れておきましょう。

お財布を購入したら、多くのお金を入れておくことで、財布の意識が「これだけのお金を入れているのが当たり前なんだ」という意識が強くなり、その状態を保とうとします。

そして、使い始める前の9日間は、普段よりも多いお札を財布に入れておき、9日間はタンスの中にしまっておきます。

閉まっている間の9日間は外から見えないようにし、一切触れてはいけません。見えてしまったり、触れてしまうと金運が下がってしまいます。

使い始めたら、財布が9日間入れていたお札の量に戻ろうとするので、お金が貯まっていきます。

スポンサーリンク


こんな記事もよく読まれています


no image

土屋鞄の財布ってどうなの?使い勝手や品質の評判は?

今まで使っていた財布が傷んで来てしまったので、新しい財布を探しに土屋鞄に行ってきました。 子供のランドセルに、通勤用の鞄も土屋鞄で購入したので、財布も土屋鞄で買いたいなぁと思って見てきました。

最初に入れるたくさんのお札の準備には裏ワザがある

たくさんのお札を準備すると言っても、簡単にできません。という人も多いと思います。

でも、安心して下さい、お財布のために、簡単に札束をつくることができます。

まずは、札束をつくるのに1万円札1枚と、新聞紙やチラシ、半紙、裏紙など何でも紙の質は問いませんので、財布にいれておきたいお札の枚数分切り、一番上に本物の1万円札を入れたら完成です。

99枚のただの紙と1枚の1万円札で見た目100万円の札束になりますよね。これでもOKです。

saifu-2-8090-1

または、開運のための、「お札の元」というのもあります。

saifu-2-8090-2

全部で100枚の紙の束になっていて、一番上に自分のお札を乗せて、お財布に入れて使います。

saifu-2-8090-3

または、千円札や壱万円札を折って、100万円札や1億円札にして、財布に入れておくのもいいようです。

saifu-2-8090-4

長財布の人には、この1億円冊がピッタリですね。

お金を呼んでくれる金運アップのお種銭

saifu-2-8090-5

お金を呼ぶのに必要で、お財布に必ず入れておきます。

お財布を購入すると付いてきたりしますし、新年にもらえる縁起ものの5円玉や新札でもいいようです。お金を呼ぶための「種」なので。

お種銭は、財布の中で一番、人目につかない場所に入れておきます。使っちゃダメですよ。

お種銭が無い場合に代用できるのが、金色の折り紙で作った鶴か亀を財布に入れておくといいようです。お金は光るものに集まると言われているので、金色が一番いいようです。

古い、今まで使っていた財布の処分は?

古い財布は、処分するか保管するかのどちらかです。

自分にとって縁起の良い財布であれば、処分しないで保管しておいてもいいかもしれません。縁起の良い財布は運気を上げる風水アイテムになるという人もいますから。

金運が悪かったなら、古い財布は処分しましょう。捨てる際には、財布を裸のまま捨てるのではなく、布や紙に包んで、財布だと分からないように捨てることが次に繋がる大切な方法だそうです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

no image
土屋鞄の財布ってどうなの?使い勝手や品質の評判は?

今まで使っていた財布が傷んで来てしまったので、新しい財布を探しに土屋鞄に行ってきました。 子供のランドセルに、通勤用の鞄も土屋鞄で購入したので、財布も土屋鞄で買いたいなぁと思って見てきました。



☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す