我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。

千葉県にあるターザニアに行ってきた!予約方法は?アクセスは?駐車場は?割引は?

1DSCN1413_s

子どもたちの夏休みの想い出づくりに、お盆に帰省した際に千葉県にある「ターザニア」に行ってきました。

テレビの取材や芸能人が体験したりするから、夏休みや休日に予約を取るのは難しいですね。

今回は、予約、アクセス、駐車場などについてまとめています。


スポンサーリンク


8月のお盆時期のターザニアを予約

ta-zania-10112-1

ターザニア」のホームページに行くと予約画面にアクセスすることができます。

 千葉県にあるターザニアは予約制となっていますが、当日でも空いていれば予約がなくても利用できます。

ta-zania-10112-2

予約画面に行くと、カレンダーが表示されているので予約したい日をクリックすると、空き状況を確認することができます。

9時から30分ごとに予約することができるので、希望時間の「この時間で予約」部分をチェックして予約を進めていきます。

ta-zania-10112-3

予約が完了すると、ターザニアから予約完了のメールが届きます。料金については、振り込んだり、カード決済する必要はなく当日、現金で支払います。

今回は、8月の一番混雑する時期のお盆時期に予約をしました。空いている時間が10:30しかありませんでしたが、予約できました。

ちなみに予約した日は7月22日の約1ヶ月前です。

ターザニアの500円割引を使って料金を安くする

ta-zania-10112-5

ターザニアのトップページの右側に「携帯メール会員募集中」というアイコンがあるので、それをクリックします。

ta-zania-10112-6

開くと携帯メール会員登録特典があります。

ターザニアのアドベンチャーコースまたはキャノビーコースのどちらでも前日500円割引になるので、携帯メール会員になるのがお得!

ta-zania-10112-7

登録は簡単!バーコードを読み込むだけ。

ta-zania-10112-10

 

バーコードを読み込むとすぐにターザニアから案内通知が届きます。本文中の中に、【クーポンはこちら】と書かれている部分がありますので、そのURLをクリックします。

ta-zania-10112-13

500円割引をゲット。

ta-zania-10112-12

ターザニアへの招待券が当たる方もやってみました。そしたら、「大当たり」。ラッキー、一人分の料金がお得になりました!!

 

東京都内からターザニアまでのアクセス方法

ta-zania-10112-4

東京都内から千葉県にあるターザニアまで車で行ってきました。順調にいけば約1時間30分で行けるとのこと。

でも、お盆休みで高速道路や都市高速が混むため、早めに家を出ることにしました。

7:30 予約時間の3時間前に家を出発
10:00 ターザニア到着

都市高速と京葉道路がめちゃくちゃ混んでいました。早く出発して正解です。

ナビが付いている車ならターザニアまでのアクセスは問題無いと思いますが、簡単にアクセス経路をまとめておきます。

京葉道路 千葉東ICから千葉東金道路の大宮ICから板倉ICで降りて行くといいです。

スポンサーリンク

ターザニアの駐車場はどこに駐めるの?

ta-zania-10112-5

ターザニアの駐車場の案内をみると、P1かP8に停めるといいようです。ただ、道順に沿って行くとP1の方が行きやすいかなと個人的には思います。

1DSCN1400_s

運転していると左手に広いグラウンドが見えてきて、その先にターザニアの駐車場の看板がありましたので、迷わずに行くことができました。

1DSCN1399_s

お盆時期ということもあり、車がいっぱい!到着したのは10時。10時30分スタートなので、あと30分程。

駐車場からターザニアの受付会場まで

1DSCN1404_s

ターザニアの受付会場までの道順がよく分からなかったので、日本メディカルトレーニングセンターの受付に行きました。

DSCN1987

受付でターザニアの受付までの案内図をもらい、地図にそって行ったら辿りつけました。駐車場からターザニアの受付まで15分程掛かりました。

案内図でも、日本メディカルトレーニングセンターからターザニア受付まで約10分掛かるとのことなので、時間に余裕を持つといいですよ。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す