我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

【注意】冷却スプレーで大やけど!?

sprayziko-994

冷却スプレーといえば、運動やスポーツなどをした後に
熱をもった筋肉を冷却するために吹き付けるスプレーですが、
この冷却スプレーで大やけどをするケースがあるようです。

それは、暑さ対策に関係があるようです。


スポンサーリンク


まず、どのような事故が起きたのでしょうか?

【事故の内容】
自動車を運転中にたばこを吸うためにライターで火をつけようとしたところ、全身に火が燃え移り大やけどを負ってしまいました。

【事故の原因】
暑さを和らげるために、体や車内に冷却スプレーを吹きかけていました。その際に車の窓を開けて換気もしていました。

暑さ対策として、体を冷やすことと車内を冷やすために冷却スプレーをシューっと車内まいてしまったようです。でも、窓を開けて換気をして注意していたのになぜ、火傷をするようなことになってしまったのでしょうか?

なぜ、冷却スプレーから引火してしまったのでしょうか?

NITEによると、冷却スプレーなどには可燃性のLPガスが使われているため、車のような狭い空間で冷却スプレーを使用すると、LPガスが車内に充満してライターの火がLPガスに燃え移る可能性があるということです。

sprayziko-994-1

LPガスは、空気よりも重いため、狭い空間である車内に振りまいた場合には、車内の下の方にLPガスが溜まってしまいます。そのため、車の窓を開けて換気したとしても可燃性のLPガスが下に溜まっているため換気しても効果がないようです。

冷却スプレーを使って服の中などに噴きかけた場合には、服の中に可燃性のLPガスが溜まってしまいます。この状態の時に、たばこを吸うためにライターで火をつけるとどうなるか容易に想像することができますね。

暑い⇒冷却スプレーで冷却⇒ひんやり気持ちいい⇒たばこを吸う⇒火をつける⇒引火

という流れになるようです。

冷却スプレーを使用する時の注意とは?

  • 火元の近くでは使用しない
  • 車内や狭い室内などの密室空間でのスプレーの使用後ライターなどの火気類は使用しない
  • 噴射距離と噴射時間を守る

スポンサーリンク

スプレー缶での事故は他にもある

【スプレー缶による事故件数】
sprayziko-994-2

スプレー缶での色んな事故が起きています。

報告されているスプレー缶の事故は、

  • 噴射されたガスに引火
  • スプレー缶の破裂・爆発
  • カセットボンベやスプレー缶のガス抜き など

の事故が起きているようですので注意しましょう。

また、車内にスプレー缶を置きっぱなしにしていることもありますよね。

  • 冷却スプレー
  • 制汗スプレー
  • ヘアスプレー
  • 殺虫剤
  • 塗料缶
  • 自動車用消臭剤
  • 自動車用ガラスクリーナー
  • タイヤクリーナーなど

自分も車の中に清掃用のスプレー缶などを入れっぱなしにしているので、車内に置きっぱなしにするのは止めようと思います。

sprayziko-994-3

まとめ

車内は想像以上に暑く(高温)になることから、
スプレー缶が膨張して破裂してしまう事故が多くなっているようです。

特に夏は日中の温度が35度を超える猛暑日になる日が続いたりしますので、
危険なスプレー缶は車から降ろしておく方がいいです。

また、お子さまだけを車内の残して、外に出ることはやめましょう!

脱水症状を起こしたり、熱中症になります。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す