我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。

福岡の人はお祭り好き!観客を圧倒する迫力ある祭りが目白押し

fukuoka-8457-0

福岡の人たちは、とてもお祭り好きです。

1年中、太鼓の鳴らない日はないと地元の人が言うくらいお祭りが、どこかで行われている感じです。

全てのお祭りに参加している訳ではないでしょうが、それでも福岡で行われるお祭りの日程を上げてみると、確かに多いですね。


スポンサーリンク


福岡で行われるお祭りの日程

  • 1月3日 玉せせり(東区・筥崎宮)
  • 1月8日~11日 十日恵比須(博多区・十日恵比須神社)
  • 2月3日 節分大祭(博多区・櫛田神社、東長寺)
  • 5月3日~4日 博多どんたく港まつり(福岡市内全域)
  • 7月1日~15日 博多祇園山笠(博多区・櫛田神社)
  • 8月24日~26日 大浜流灌頂(博多区)
  • 9月12日~18日 放生会(東区・筥崎宮)
  • 10月上旬 博多おくんち、中洲まつり、飯盛神社の秋季大祭(流鏑馬)
  • 10月12日~13日 例大祭・相撲会(博多区・住吉神社)
  • 11月7日 住吉神社・歩射祭(博多区・住吉神社)

ざっと、年間行事を見てみると、毎月何らかしらのお祭りがあることが分かります。

福岡という街の歴史が古く、神社仏閣が多いことも影響しているのかも知れません。ビジネス街である博多駅近辺にも多くの神社仏閣がありますから。

もともと、福岡に住んでいる人たちには、「お祭り好き」の血が流れているのでしょう。

全国的に知られている福岡のお祭り

数ある福岡のお祭りの中でも、全国的に知られているお祭りがあります。それは、「博多祇園山笠」と「博多どんたく」です。

この2つのお祭りは、全国ニュースでも流れるので、知っている人も多いはずです。もちろん、地元福岡では、外すことができないお祭りです。

その中でも男衆が命がけで関わっているお祭りが「博多祇園山笠」です。

スポンサーリンク

国の重要無形民俗文化財に指定された山笠とは?

fukuoka-8457-1

博多祇園山笠について、少し触れてみましょう。

博多の総鎮守の櫛田神社の祭礼。博多祇園山笠の起源は諸説あるようですが、1241年の承天禅寺の開山・聖一国師が、博多に流行した疫病を退治するのに祈願し、町人が担ぐ施餓鬼棚に乗り、町中に甘露水をまいて清めたと言われています。

櫛田神社に祀られている祇園大明神に奉納するため、「祇園」という名前が付けられました。

博多祇園山笠は、「流(ながれ)」が参加単位となっています。

「流(ながれ)」は、旧博多エリアを7つの地域に分けられており、当初は、呉服町流、東町流、西町流、土居流、須崎流、石堂流、魚町流でした。

その後は、地名が変わったりしたことから、現在では、大黒流、東流、中洲流、西流、千代流、恵比須流、土居流の7つの流に分かれ、参加することになっています。

まとめ

博多を代表するお祭りの「博多祇園山笠」は300万人、「博多どんたく」は200万人と国内でもトップクラスの人出のお祭りです。

全国各地から観光客が集まり、お祭りを盛り上げてくれます。そして、博多の食べ物やお土産も全国区であり、1つのステータスになっている感じがします。

空港から博多または天神と言った繁華街まで15分程度という、全国で、これだけアクセスの便が良い都市はありません。

福岡空港で喜ばれるお土産とは?

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す