我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

猫背を改善するだけで簡単にバストアップで彼も喜ぶ!

biyou-14-2459

今すぐにバストアップしたい!

これからでもバストアップは可能だという、即効性のあるバストアップ法をお伝えしようと思います。

興味を持っている人は、チェックしてみて下さいね。


スポンサーリンク


遺伝子は関係ない?

あなたが長年悩み続けた悩みごと、それは・・・

「どうして私はムネが小さいの?」

ということだと思います。

ある意味、悩みの原点ですね。その理由を解明していきましょう。

医科学的な話をすると、小学生高学年~中学生までに起きる、初経(初めての生理)を迎えたあと、生理は繰り返しやってきます。

毎月のサイクルは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つの女性ホルモンの分泌量が増えたり減ったりして起こります。

この女性ホルモンは、卵子を造る作用の素になり、同時に胸を大きくする作用を引き起こします。

これが幼少時代、頻繁に起きると、胸が大きくなると言われています。

だから、ここで一つだけ言えることがあります。

それは、体質で諦める必要は無いということなのです。

親から子へと引き継がれるDNAといった遺伝子は、ムネの大きさにはさほど影響しないということです。

原因は代々伝わる家庭レベルの生活習慣が問題なのです。

まずは、

『ムネを小さくしてしまう、習慣やクセ』

これを治すことが、バストアップの入り口になるのです。

今回、お伝えする中でも、そうしたクセの1つを治し、ムネを大きくする方法を紹介していこうと思います。

ステージ2:今すぐ出来る♪一発バストアップ術

ムネの小さな人は、高確率で姿勢が悪いことが調査で分かっています。

気付いていないかもしれませんが、

今、猫背になっていませんか?

「はっ?!」とした、あなたは非常に恐ろしい体になっています。ムネに自信がないと悩む人は、自ずと下を向くクセが出来ます。

そうなると徐々に猫背になりがちです。

猫背になるとムネが内側に入り、他の人には、あなたが思うよりも「もっと小さく見えている」という事実です。

知らない内に自滅しているのだから恐ろしいですね。

スポンサーリンク

見た目を改善する方法

そこで、お伝えすることは、ズバリ「見た目を改善する方法」です。

風船のように一瞬で膨らむことはあり得ません。様々な努力の結果、大きくなっても猫背のままだったら、その効果は半減です。

だから今すぐ出来ることをやっておくのは無駄ではないはずです。

たった3分で治る猫背矯正法

ストレッチの基本は柔軟体操とは違い、反動を付けずに、ゆっくりと深呼吸をしながら行なうのがコツです。

目的は筋肉の柔軟性だけでなく、

  • 筋肉の緊張緩和
  • 血行の改善
  • 筋肉の弾力性

を改善することが目的ですので、実際にやってみましょう!

  1. 右手を上げた後、肘を曲げ肩の後ろ側に手を曲げます。
  2. 左手で右手の肘を支えて、そのまま頭を後ろ側へ倒してください。
  3. 背中の筋肉が伸びている感覚を感じたら、深呼吸をしながら30秒間静止します。
  4. 終わったら、左手も同様に行ってください。
  5. 体の正面へ腕を伸ばして手を組みます。
  6. 体の外側へ向かって手を裏返し、肩と腕を伸ばします。
  7. そのまま頭上へ腕を上げ、頂点で静止します。深呼吸をしながら30秒間静止します。
  8. 今度は手を体の後ろ側で組み、上半身を前に倒します。
  9. 手はその反動で体の上へ伸ばし、頂点で静止します。深呼吸をしながら30秒間静止します。

1~4を第1工程とし、5~9をが第2工程として、1~4、5~9を2セットずつ行うだけです。

できれば4セット。それ以上は控えましょう。

猫背だった背中が、少しずつ矯正されているはずです。

行なうタイミングは入浴後が好ましいのですが入浴中でも大丈夫です(半身浴がベスト)。

時間も短縮でき、たったの3分間なので、のぼせることもありません。

ぜひ毎日、実践してみてください。

次回

次は、「実際にバストを大きくするための実践法」についてお伝えしたいと思います。

バストアップもしたい、さらに「ダイエットもしたい!」と思っているのでしたらご覧下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す