我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

鳥取県の気になる紅葉名所と見頃時期は?

kouyou-to-5-3104鳥取県の紅葉名所と紅葉の見頃時期について調べてみました。

鳥取県の紅葉は10月上旬から11月下旬頃まで見ることができます。大山を望む雄大な景色、空気が綺麗で澄んだ空と、紅葉の赤の自然がもたらす秋空を五感を使って満喫することができるので、心も身体もリフレッシュする時間を楽しみましょう。


スポンサーリンク


鳥取県の紅葉名所と見頃時期

美しい紅葉を見るなら、おすすめはやっぱり大山です。江府町側にある鍵掛峠はブナの原生林が広がり真っ赤に染まった紅葉の絨毯を望める絶景ポイントです。伯耆町の桝水高原は、すすきが一面に広がり、その奥に大山が望め、すすきの茶色、大山の森林の緑・赤・黄のコントラストが楽しめ、倉吉市の東大山大橋からは360度見渡せる紅葉が素晴らしです。

大山の麓にある「大山まきばみるくの里」で、アイスクリームやバター、プリンなどの手作り体験(要予約)ができるほか、レストランも併設されていて、地元の美味しい料理を楽しめ、新鮮な乳製品はお土産に人気。

観光名所は、山陰海岸ジオパーク。鳥取砂丘は、国の天然記念物に指定され、風が創り上げる砂模様(風紋)は、芸術です。芸術といえば、砂の彫刻が展示されている「砂の美術館」も一緒に見学して砂についての芸術に触れて下さい。

紅葉名所スポット 紅葉見頃時期 場所
わかさ氷ノ山 10月上旬~11月中旬 鳥取県八頭郡若桜町
ブナのトンネル 10月上旬~11月中旬 鳥取県江府町
大山(桝水高原) 10月中旬~11月上旬 鳥取県西伯郡伯耆町
東大山大橋 10月中旬~11月上旬 鳥取県倉吉市関金町
雨滝 10月下旬~11月中旬 鳥取県鳥取市
(奥大山)鍵掛峠 10月下旬~11月中旬 鳥取県日野郡江府町
船上山(さくらの里) 10月下旬~11月下旬 鳥取県東伯郡琴浦町
板井原集落 10月下旬~11月下旬 鳥取県八頭郡智頭町
大山(大山寺) 10月下旬~11月上旬 鳥取県西伯郡大山町
芦津渓谷 10月下旬~11月上旬 鳥取県八頭郡智頭町
三徳山三佛寺 11月上旬~11月中旬 鳥取県東伯郡三朝町
小鹿渓 11月上旬~11月中旬 鳥取県東伯郡三朝町
とっとり花回廊 11月上旬~11月中旬 鳥取県西伯郡南部町
滝山公園 11月上旬~11月下旬 鳥取県日野郡日野町
諏訪神社 11月上旬~11月中旬 鳥取県八頭郡智頭町
オハツキタイコイチョウ 11月上旬~11月中旬 鳥取県日野郡日南町
旧日野上小学校オオイチョウ 11月上旬~11月中旬 鳥取県日野郡日南町
石谷家住宅 11月上旬~11月下旬 鳥取県智頭町

スポンサーリンク

鳥取県の紅葉スポットのアクセスランキング

当サイトにアクセスして頂きありがとうございます。当サイトへのアクセス数が多い順にランキングをさせて頂きましたので、紅葉スポットを見に行く際の参考にして頂ければと思います。

観光するのに、バスツアー、観光タクシー、超小型モビリティ(レンタカー)を使って旅を楽しむことができます。日帰りバスツアーが開催されている日もあるので活用すれば、名所観光を巡ることができます。

  1. (奥大山)鍵掛峠
  2. 芦津渓谷
  3. 三徳山
  4. 小鹿渓
  5. 諏訪神社
  6. 石谷家住宅
  7. 船上山(さくらの里)
  8. 大山
  9. 滝山公園
  10. 板井原集落

まとめ

秋の鳥取のグルメは、二十世紀梨です。私は毎年、鳥取県の農園から秋になると二十世紀梨を取り寄せています。果汁が豊富で甘いのが特徴でとても美味しい梨です。もう何年も取り寄せていますので、農園の方がちょっとした二十世紀梨を使ったグルメを一緒に送って下さります。

二十世紀梨を使ったせんべいやお菓子、カレーなど果物として食べるだけでなく、他にも楽しみ方があることを教えてくれます。梨好きの私にとっては、梨ミュージアム「鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館」にも行ってみたいと思っています。

紅葉狩りに行った際には、イベントやお祭りにも参加したり、夜のライトアップも楽しんで、秋を満喫しましょう。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す