我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

とにかく簡単に年賀状を作ることができる「筆王」

nenga-23-4055
近くの電器屋さんに行き、年賀状作成ソフトのカタログをもらってきました。ベッキーがカタログの表紙を飾っています。店員さんによると、この筆王が一番売れているとのことです。

他の年賀状作成ソフトも使い勝手やイラスト数などいいとのことですが、子供でも年配者、老人でも簡単に年賀はがきを印刷することが人気の理由だそうです。筆王を使っている人は、毎年バージョン更新を行なっている人が多いそうです。


スポンサーリンク


はがき・住所録作成ソフト販売本数第1位の筆王

nenga-23-4055-8
販売実績で第1位を獲得している筆王。簡単に使える年賀状作成ソフトとして人気が高く、その中でも、操作性がいいという評判・口コミが多いです

電気屋の店員さんもおすすめしていましたし、売り場も筆王だけは、一番目立つ所に売り場が設けられていて、手にしている人が多かったです。

使いやすい機能が豊富に揃っている筆王

nenga-23-4055-1
筆王を1個買えば、パソコン5台までインストールして使うことができるのは、家族がいる人は助かりますよね。子供たちは自分で作りたいっていいますし、誰に送ったか知られたくないということもありますから。

住所録はクラウドに自動保存するため、万が一パソコンが壊れても住所録は無事に保存されています。パソコンが壊れた時は、データ復旧が難しく頭を抱えてしまいますが、クラウドなら安心です。

宛名は縦書きでも横書きでも対応できます。

スポンサーリンク

自分で撮影した写真を年賀状に組み込める

nenga-23-4055-2
折角、撮った写真の中から1枚や2枚を選ぶのは難しいですよね。色んな写真を複数枚入れたいと思います。それも簡単に出来ます。ドラッグするだけで写真の入れ替えができ、補正やペン機能で装飾も簡単です。

ラベルソフトを搭載しているので、年賀状作成だけでなく、子供の入園・入学式でのネームシールや写真シール、アイロンプリントなど多彩な使い方ができ、使い道が豊富にあります。

イラスト・デザイン素材はたっぷりの30万点以上

nenga-23-4055-3
年賀状のイラストだけでなく、喪中はがきや寒中見舞いなど様々なイベントに使うことができるイラスト集はとても便利です。

テンプレート集が別途で2,700点もあります

nenga-23-4055-4
寒中見舞い、喪中はがき、暑中見舞い、残暑見舞い、結婚・転居のお知らせ、出産・誕生日のお知らせ、クリスマスカード、ハロウィンなど豊富に選べます。

筆王の対応OS

nenga-23-4055-6
Window Vista、Window7、Window8/8.1に対応しています。MACユーザーさんには対応していないようです。でもMACの普及率も高いのでMAC対応も出てくれると思いたいです。

充実している安心のサポート

nenga-23-4055-7
サポート期間が最長19ヶ月無償となっていますので、来年の年賀状を作成するときでも、無料でサポートを受けることができますね。

CDやDVDを紛失してしまい、困ってしまったということがあっても、ユーザー登録しておくことで、何度もダウンロードすることができますので、必ずユーザー登録しておきましょう。

まとめ

Window XPのOSはサポート対象外になり、古いバージョンの筆王を使っている人の多くが、新しいバージョンにするためにパッケージ版を購入しているようです。初心者に方には嬉しい、音声ガイドがありますが、使い慣れた人にとっては耳障りかも知れません。

操作性もそうですが、年賀状作成だけでなく様々な用途に使える長年ベストセラーになっている筆王の人気の高さがわかります。PC音痴でも使いやすいように工夫されていて、解説本も図解でわかりやすく、説明されていますので、中高年者でパソコンが苦手な方におすすめです。

他の有料年賀状作成ソフトについて知りたい方は、こちらをご覧下さい。

無料の年賀印刷ソフトについて知らいたい方は、こちらをご覧下さい。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す