我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

使いやすさの満足度90%の「筆まめ」

nenga-24-4075
15年連続販売本数第1位の「筆まめ」。主要パソコン店のPOS実売統計データを参考にしたものです。年賀状作成ソフトを代表する3つのソフトの1本です。

法人・会社での導入が多いソフトです。その理由が、過去に色んな賞を受賞していることから信頼度が高く、導入している企業が多いのです。


スポンサーリンク


2人に1人が選んでいる年賀状作成ソフトの「筆まめ」

nenga-24-4075-1
会社の総務や人事部門に導入されている実績が多い筆まめ。様々な賞を受賞している実績から選ぶ会社が多いです。取引のある会社の多くが筆まめを導入しています。

個人で導入するには、他の年賀状作成ソフトより価格が高めなので、個人ユーザーは会社で使っている人が多いようです。

筆まめの機能を確認

写真自動レイアウトの機能がおすすめ

nenga-24-4075-2
自動で宛名を綺麗にレイアウトしてくれる機能に、宛名面は通常イラストを入れることができない年賀状作成ソフトが多いですが、筆まめは宛名面にもイラストを入れることができ、他の年賀はがきとは印象の違うものになります。

たくさんの写真をセンスよく自動でレイアウトしてくれる機能があり、テンプレートに合った演出をしてくれます。この機能は、デジカメで写真撮影をたくさんする人にとっては、とても便利な機能です。

スポンサーリンク

住所録管理が多彩で、筆まめ1つでなんでもできる

nenga-24-4075-3
筆まめの住所録に登録すると、年賀状の受け取り記録、喪中はがきの受け取り記録、お中元やお歳暮などの贈答記録も管理することができる優れものです。何を贈ったかという記録も残せるので会社にとっては一元管理出来るメリットがあり、導入に結びついています。

年賀状の作成は3ステップと簡単

nenga-24-4075-4

  1. デザインを選ぶ
  2. イラスト・文章を変える
  3. 印刷して完成

と、最短でこの3ステップで年賀状が作成できてしまいます。

他にこだわり機能はたくさんあります。フォトカッター機能は、選んだ写真の切り抜きたい部分を大まかになぞるだけで簡単に切り抜くことができるのです。今までは、切り抜くのに何十分も掛かっていましたが、この機能であっという間に切り抜けるのがスゴイ!

補正や加工はもちろん、お絵かき機能、ベストショット検出もできます。

アレンジが楽しめる機能でオリジナル年賀状作成

nenga-24-4075-5
年賀状のアレンジ力が魅力です。スクラップブック、新聞、年間思い出、漫画風、ARなどいろいろと試してみたいアレンジに一言コメントを添えるための付箋デザインや定形一言集もあります。

カラーチェンジもできるので、七五三などの記念写真に合わせてイラストのカラーも変更できる優れもの。

封筒印刷、タック紙、ネームラベル、名刺などの印刷も可能です。

デザイン・イラストの素材集は45万点

nenga-24-4075-6
デザインやイラストを決めるのに困ってしまうほど多い、45万点。どのデザインもイラストも書道家やイラストレーター、デザイナーのプロが手かけているので本格的なデザイン。

長期サポートで安心

nenga-24-4075-7
最大15ヶ月の長期無料サポート対応してくれますが、この15ヶ月は購入してからではありませんので注意!9月から翌年の12月までとなっています。12月に購入すると12ヶ月の無料サポートとなります。

11月~1月上旬までは無休でサポート窓口が開いていますので、安心です。

まとめ

筆まめは、元祖と言われる年賀状作成ソフトで、一番長い歴史を持っているソフトです。そのため、使う人のことを考えた機能をいち早く盛り込んでいます。

「総合的な満足度」「住所録機能の簡単さ」「文面デザイン作成機能の簡単さ」などに定評があります。慣れれば操作に問題はありませんが、自分好みのオリジナル年賀状が作れるので、初めての人やパソコンに不慣れた人は始めは操作に苦労します。

操作に慣れてしまえば、色んな編集を楽しめるのが筆まめです。

他の有料年賀状作成ソフトについて知りたい方は、こちらをご覧下さい。

無料の年賀印刷ソフトについて知らいたい方は、こちらをご覧下さい。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す