我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

京都の天橋立が望める観光列車「丹後くろまつ号」

kuromatsu-1385

出発点は北近畿タンゴ鉄道の天橋立駅です。

日本三景に選ばれている天橋立の最寄り駅になり、
観光客がとても多い駅になります。

そこに登場したのが丹後くろまつ号(京都府)です。


スポンサーリンク


京都の天橋立が望める観光列車「丹後くろまつ号」

kuromatsu-1385-1

漆黒のボディカラーの車両は、大正時代に使っていた車両を整備して再利用した車両です。

その車内は、落ち着いた雰囲気のレストランそのものです。

この「くろまつ号」は、走るダイニングルームと呼ばれています。

  • 運行区間:天橋立~豊岡
  • 運行時間:2時間29分(丹後くろまつ3号の場合)
  • 料金;ランチ10,000円

kuromatsu-1385-2

山と川に囲まれた自然豊かな丹後地方は、山の幸と海の幸が豊富。

1両編成でとても可愛い印象を受ける電車です。

「丹後くろまつ号」で食べられる京都のご当地グルメ

丹後くろまつでは、季節ごとに全く違った料理を楽しむことができるので、何回利用しても都度違う京都の美味しい食材を楽しむことが出来るのです。

京都で取れた海の幸はもちろん、ごはんや食材には一工夫されていてその料理の深みを味わえるようになっています。

京の名店の味を堪能できるランチは必見です。

毎月違う名店が料理をプロデュースしています。

景色がいいので、旅行にもデートにも最適です。

スポンサーリンク

丹後くろまつ号のおすすめポイント

美しい海、穏やかな山並み、のどかな田園風景など移り変わる車窓の眺めと一緒に『海の京都』ならではの食事を頂くことができる観光列車です。

地域の憩いの場として、また移動そのものを楽しむ旅を実現してくれます。

定期コース(金・土・日曜及び祝日)のルート及び料金

  • 丹後くろまつ1号(スイーツコース)
    福知山→天橋立 4,000円(小人3,600円)
  • 丹後くろまつ3号(ランチコース)
    天橋立→豊岡 10,000円(小人9,400円)
  • 丹後くろまつ2号(地酒コース)
    豊岡→西舞鶴 5,000円(講座付8,500円)

この料金には、運賃+特別車両料金+メニューのお食事・お飲み物、サービス料が含まれています。各コースの定員30名で予約制となっています。

丹後くろまつ号の予約方法

予約する方法は、

KTR指定駅(福知山・大江・西舞鶴・宮津・天橋立・野田川・丹後大宮・峰山・網野・木津温泉・丹後神野・久美浜・豊岡の各駅)で申し込みができます。

またはJTB、日本旅行、近畿日本ツーリストの旅行会社3社の各店舗でも受け付けしています。

まとめ

丹後くろまつ号の車両リニューアルには、水戸岡鋭治さんが携わっています。

漆黒のボディーに金色のラインとえんじ色のラインが落ち着いた印象とレトロ感がよく、昔、こんな電車が走っていたのかなぁと思わせます。

車両が大正時代のものらしく、京都の雰囲気にマッチしていますね。

1車両というこじんまりした電車が周りの景色とよいバランスを保ち、走っている姿に思わず、可愛いと思ってしまう車両。

内観は個性的なレストランを思わせる作りで電車の中で食事をしていることを忘れるような車両デザインの「くろまつ」

オシャレ女子や鉄道ファン、カップル、夫婦旅行など大人な旅をしたい人にピッタリの観光列車です。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す