我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

安八百梅園の見頃時期と梅まつり・開花情報

ume-16-6009-1

安八百梅園(岐阜県安八町)の梅の見頃時期と梅まつり・開花情報について調べてみました。

安八百梅園の観梅は、1月下旬から3月下旬まで観ることができます。梅の品種が154と、とても多くの種類の梅の花を楽しむことができ、早い梅の木であれば、1月下旬から花を咲かせます。


スポンサーリンク


安八百梅園の梅の見頃時期と梅まつり

ume-16-6009-2

安八百梅園(あんぱちひゃくばいえん)は、比較的新しい梅林で1998年(平成10年)に開園した梅園です。

安八町が新しい街の名所として、町の中心を流れている中須川沿いの敷地に梅の木を植林しました。この梅の木は、多くの人からの寄付により、植えられたことから、様々な種類の梅の品種が植えられることになりました。

とても広い敷地の中に1,200本もの梅が植えられています。早咲きの梅から遅咲きの梅まで種類が豊富にあるので、梅の見頃時期が長いのが特徴です。

この梅の本数は、岐阜県内では1番の多さのため、県内だけでなく県外からも多くの人が梅の花を見に訪れます。

梅の花を見に行くのであれば、カメラは必需品です。腕前!?は、さておき、梅の花の撮影や家族、友達との記念撮影は欠かせません。

安八百梅園の梅の花情報

見頃時期
1月下旬~3月下旬
本数
1200本以上
梅の種類
寒紅梅、道知辺ほか、154種類

スポンサーリンク

安八百梅園の梅の花

ume-16-6009-3 ume-16-6009-4 ume-16-6009-5 ume-16-6009-6 ume-16-6009-7

多くの人から寄付され植林された梅の木には、寄付した会社名や個人名の札が付けられていて、手作り感のある梅園だという感じを受けます。

梅まつりやバザー、清掃活動などもボランティアの人が中心となり行っているので、みなさんのつながりの強さをさらに感じます。

このようなつながりのある町というのは、魅力的です。

全国で見てみたい梅園20選

安八百梅園の梅まつり

ume-16-6009-8

毎年2月中旬から3月中旬に掛けて、安八百梅園では「安八梅まつり」が行われます。

安八梅まつりの期間中には、様々なイベントが行われます。各種バザーや盆梅展、露店も数多く店を連ねますし、俳句コンテスト、寄せ植え体験、茶会、そして新成人をモデルに迎えたモデル撮影会も行われます。

また、梅まつりハイキングやふれあいウォーク&ジョギング大会も行われますので、参加して一緒に安八梅まつりを盛り上げていきましょう。

ume-16-6009-9

お花見に来たら、うどんやみたらし団子、ぜんざいなどのお花見には欠かせない食べ物もありますので、お腹も満たして、梅の花を満喫して下さい。

安八百梅園の混雑状況

安八百梅園の安八梅まつりの来場者数は公開されていないので分かりませんでした。

観梅バスツアーで団体客も来るほど、有名な安八百梅園ですが、平日は比較的駐車場も園内もそこまで混雑することはありません。

安八梅まつりが始まり、イベントのある土日はとても混雑します。駐車場は300台(無料)ありますが、イベントの時はあっという間に満車状態になります。梅園への入園料が無料なのも人気の秘密になっていると思います。

安八梅まつりのモデル撮影会

ume-16-6009-12

梅園の中で、梅の花をバックにモデルの人たちを撮影することができるイベントは大盛況です。

皆さん、一眼レフカメラと望遠レンズを付けて、本格的な撮影会。綺麗なお姉さんにお父さんたちは弱い・・・家族をほったらかして撮影していると、奥さんに怒られますよ(笑)

安八百梅園へのアクセス情報

  • 住所:岐阜県安八町外善光3208
  • 交通(電車):JR大垣駅→名阪近鉄バス岐阜羽島駅行きで20分、バス停:青刈下車、徒歩20分
  • 交通(車):名神高速岐阜羽島ICから県道18号経由10km15分
  • 入園料:無料
  • 駐車場:有り・・・300台(無料)
  • URL:安八百梅園

中部の梅の名所
いなべ市梅林公園 名古屋市農業センター 安八百梅園 佐布里池梅林

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す