我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。

住宅ローン

 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

市販の白髪染めには5種類のタイプがある!それぞれの特徴をまとめてみた

siraga-11086-1-2

薬局などに売られている市販の白髪染めの種類は5つに分けることができます。それぞれの特徴(メリットとデメリット)を聞いてみました。

今まで、何気に使っていた白髪染めについて、どのタイプが自分に合っているのかの参考になると思います。

スポンサーリンク



市販の白髪染めの5つの種類

  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ
  • 泡タイプ
  • マニキュアタイプ
  • トリートメントタイプ

クリームタイプのメリット・デメリット

メリット
  • 根元まで染まり、部分染めにも最適
  • 液だれしにくい
  • 残った分は次回に使える
  • 髪が傷みにくい
デメリット
  • 液が伸びにくい
  • 内容量が少なく、髪が長い人は2個必要

ジェルタイプのメリット・デメリット

メリット
  • 液の伸びが良い
  • 難しいテクニックが必要なく初心者向き
  • 髪全体に塗りやすい
デメリット
  • 残った分は次に使えない

スポンサーリンク


こんな記事もよく読まれています


no image

短い髪の毛も綺麗に染める白髪染めは簡単ワンプッシュタイプ

髪の毛をかき上げると白髪が目立つようになってきました。髪の毛が短い短髪です。短髪でも綺麗に染まり、残った液体を次に使えるようなタイプで、簡単にお洒落に染まる白髪染め「メンズビゲン ワンプッシュ」を使って染めてみました。

泡タイプのメリット・デメリット

メリット
  • 髪全体に塗りやすい
  • 手で塗れるので簡単
  • 容量が多い
デメリット
  • 残った分は取っておけない
  • 髪を痛めやすい

マニキュアタイプのメリット・デメリット

メリット
  • 髪が傷みにくい
  • 残った分を次回に使える
デメリット
  • 肌まで染まってしまう
  • 色持ちが短い
  • 白髪が多いと色合いが薄く明るくなる

トリートメントタイプのメリット・デメリット

メリット
  • 髪を傷めない
  • 小分けで使える
  • 自然な感じで染められる
デメリット
  • 1回で染まらない
  • 色持ちが悪い

どのタイプの白髪染めが良いか決めてから購入しましょう

市販の白髪染めは、白髪の量によって選ぶといいと思います。

クリームタイプ 白髪の量が多い人
根元までしっかり染めたい人
ジェルタイプ 白髪の量が少ない人
簡単なので初心者向き
泡タイプ 髪の毛が長い人
簡単なので初心者向き
マニキュアタイプ 部分染めに最適
気になる白髪部分だけを染めたい人
トリートメントタイプ 白髪の量が少ない人

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

no image
短い髪の毛も綺麗に染める白髪染めは簡単ワンプッシュタイプ

髪の毛をかき上げると白髪が目立つようになってきました。髪の毛が短い短髪です。短髪でも綺麗に染まり、残った液体を次に使えるようなタイプで、簡単にお洒落に染まる白髪染め「メンズビゲン ワンプッシュ」を使って染めてみました。



☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

この記事を見た方はこんな記事も読んでいます

コメントを残す