博多祇園山笠の法被姿!知ると面白い法被を着るルール

fukuoka-4-8496-0

博多祇園山笠の法被姿には2種類あります。

通常の法被姿と長法被姿の人を見かけます。特に6月1日になると長法被の着用が解禁され、博多エリアでは、昼夜を問わず長法被を着た当番法被をの人を見かけます。

長法被を着てる人は、実は各流の役職が上の人だけなんです。

「博多祇園山笠の法被姿!知ると面白い法被を着るルール」の続きを読む…

博多祇園山笠の楽しみ方!14日の流舁きと15日本番の追い山の見どころ

多くの観客の人達は、14日の流舁きと15日の追い山目当てに来られます。

博多祇園山笠は7月1日から始まり、15日にクライマックスを迎えるお祭りです。地元福岡の人は、6月から準備をはじめ、法被姿の男衆が博多や中洲などを歩いている姿を見ると、「この時期が来たか」と思います。

博多祇園山笠の楽しみ方は、人それぞれですが、山笠を楽しむなら、ここは見ておきたいというところを紹介しますね。

「博多祇園山笠の楽しみ方!14日の流舁きと15日本番の追い山の見どころ」の続きを読む…

博多祇園山笠の日程!それぞれ日に行われる行事内容にも意味がある

fukuoka-2-8477-0

博多祇園山笠は、福岡を象徴するお祭りの1つ。

昭和30年代半ばから昭和40年代前半にかけては、舁き手(かきて)が減ってしまい、山笠を舁く人出がおらず、存続の心配もあったようです。

この博多祇園山笠は、長い期間行われるお祭りで7月1日から15日までの半月も続くお祭りなのです。

実際には、6月から事前行事が行われています。

「博多祇園山笠の日程!それぞれ日に行われる行事内容にも意味がある」の続きを読む…

福岡の人はお祭り好き!観客を圧倒する迫力ある祭りが目白押し

fukuoka-8457-0

福岡の人たちは、とてもお祭り好きです。

1年中、太鼓の鳴らない日はないと地元の人が言うくらいお祭りが、どこかで行われている感じです。

全てのお祭りに参加している訳ではないでしょうが、それでも福岡で行われるお祭りの日程を上げてみると、確かに多いですね。

「福岡の人はお祭り好き!観客を圧倒する迫力ある祭りが目白押し」の続きを読む…