我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

国産食材にこだわった安心安全なローソンのおせち料理

osechi-3-3949
ローソンのおせち料理は、全国各地の郷土料理や地元食材を使った料理をメインに構成され、「郷土のうまい!」を詰め込んだおせち料理となっています。

他のコンビニとかぶらないローソンオリジナルのおせち料理。おせちは縁起物なので、食材の縁起、車海老は長寿祈願、数の子は子孫繁栄などの食材もこだわり、笑顔に満ちたお正月を迎えることができます。


スポンサーリンク


ローソンのプレミアムおせち三段重

osechi-3-3949-1
数量限定のプレミアムおせち料理です。3万円強とお値段も高いと感じますが、このプレミアムおせち三段重が1番よく売れて、真っ先に売り切れになる程の人気おせちです。

三段重の料理に目をやると、壱の重には北海道産のからすみと車海老、弐の重には紅ずわい蟹爪、参の重には黒あわび旨煮を中心に金目鯛に鹿児島県産豚の黒糖ローストポークなど豪華な食材が揃っています。

これだけ豪華なおせちをお正月から食べられるなんて幸せですよね。

ローソンの和洋中折衷おせち三段重

osechi-3-3949-2
他のコンビニでは目にしない和洋中折衷おせち三段重。壱の重は和食をメインにしたおせち料理が揃っていて、弐の重は洋食をメインにした合鴨スモーク、豚の赤ワイン煮、牛肉のデミソース煮などが揃っていて、参の重は中華をメインにしたエビチリ、鶏の塩麹煮、フォアグラのムースなどが入っています。

年配者の方ではなく、若者向けに料理内容を考えられた内容になっていますね。おせち料理を食べたいけど、伝統的な和食だけでなく他にも色々と豪華食材を食べたいと思っている人におすすめのおせち料理です。

スポンサーリンク

ローソンの和風おせち三段重

osechi-3-3949-3
伝統的な和風おせち三段重。食材にこだわり、味にこだわり、彩りにこだわった伝統的なおせち料理で、丁寧に調理されているのがよく分かります。

金箔黒豆や湯葉鳴門巻、射込み焼小鯛にこだわりを持ったスタンダードなおせち料理です。価格はお手頃価格ですが、料金の割に豪華な食材が盛り込まれています。多くの種類を少しずつ食べたいという人におすすめのおせち料理です。

ローソンのてら岡おせち 雅三段重

osechi-3-3949-4
福岡の老舗日本料理店である「てら岡」おせち料理。こちらは九州エリア限定のおせち料理になっています。玄界灘の美味しい魚、博多の地元食材を味わえる内容。

愛犬用のおせち料理

osechi-3-3949-7
滅多に見かけることがない愛犬用のおせち料理がローソンでは注文することができます。可愛い家族(犬)に安心安全なおせちを提供するのは、犬のおやつ・ごはん研究科のDecoさん。愛犬の健康と楽しさ、そして大好物な食べ物を詰めた愛犬用おせちです。

愛犬にもおせち料理を考えている人におすすめです。価格もお手頃価格ですので一人ずつに準備してあげることができますね。

そのた

osechi-3-3949-5
おせち料理だけでなく、お寿司も食べたいなぁと思うことがありますが、ローソンならお寿司も注文することができます。

おせち料理だけでなく、子供はお寿司が欲しいといいます。子供をあきさせないためにも、大好きなお寿司も注文することがでいます。

osechi-3-3949-6
お正月に付きものなのがやっぱりお酒です。新年を祝うのにふさわしいお酒をローソンが揃えてくれています。

  • 宝酒造 特選松竹梅「祝樽」本醸造
  • 沢の鶴 純米大吟醸 敏馬の浦
  • 秋田酒類製造 高清水 大吟醸 嘉兆
  • 吉乃川 しぼりたて吟醸
  • 土井酒造場 開運 純米大吟醸

まとめ

安心・安全を全面に打ち出しているローソンのおせち料理。国内の食材を使ったおせち料理でプレミアムおせち三段重が毎年売り切れになる人気。

他のおせち料理もこだわりを持ち、料理されているので、値段の割にお得感を感じる内容なのが嬉しいですね。

愛犬用おせち料理も注文することができます。自分たちの分と一緒に注文してあげましょう。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す