我が家のおすすめ体験談

▶スタディサプリを使ってから、子供の成績がアップしました。
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたオンライン学習サービスの「スタディサプリ」を使って私の子供の成績が上がったので、体験談を書きました。
 
▶住宅ローンの借り換えで月2万・支払総額766万円減額しました。
 
住宅ローンの金利が低くなっているので、相談してみたら現状よりも大幅に減額できることが分かり、借り換えをしました。減額できた分は教育費にまわします。

間違いだらけの美肌になる方法

biyou-33-2573

間違いだらけの美肌になる方法

まずは、お庭を最高のコンディションに整えていくことから始めていきましょう。


スポンサーリンク


肌の大切さについて

20代までの美しさは、顔が整っているといった目鼻立ちで判断されますが、30代を超えると、その基準が肌の美しさに変わっていきます。

つまり、

「お肌のみで判断される」

ようになるのです。

どういうことかというと、20代の頃はあまり目立つ美人ではなかったけれど、30代以降は美肌でプルンプルンとした肌ツヤ。

いつまでも若々しく見えて、周りから羨ましがられるようになった!!

ということも、可能になるわけです。

ふっふっふっ。

やっと私の時代が来たわ!!

なんて内心ほくそ笑んだのは私だけですか?

実は、私もわりと美肌の持ち主なのです。

え~、自慢じゃん?

いえいえ、滅相もございません。

他に誇れるものなど何一つない私が、唯一身をもってお伝え出来る、正真正銘の美肌の作り方をお伝えしたいだけです。

スポンサーリンク

つまり、先ほどのお話は私の経験談なのです。

20代の頃は「肌が綺麗だね」と言われると、「他には褒めるところがないからね、フンだ!」と内心落ち込んでいたのですが、30代になると、それは最高の褒め言葉に変わっていったのです。

自分よりも10歳以上も若く、物凄く綺麗で可愛いモデルさんやタレントさんに、

「肌、綺麗ですね! 何か秘訣があるんですか?」

とか、

「凄く若く見えますよね!どうすればそんな風になれますか?」

なんて言われてみて下さい。

ちょっとは調子に乗ってしまう気持ちもわかるような気がしませんか?

さて、本題に入ります。

美肌を作るノウハウは巷に五万と溢れていますが、どの方法を参考にしていますか?

洗顔法?
化粧水?
パック?
リンパマッサージ?

それともコラーゲンを毎日飲むことでしょうか?

洗顔法一つをとっても、

一日に何度も洗う、
いや、それほど洗わない方が良い、
いやいや絶対に洗っちゃダメ!!

というように、色んな方法がありすぎますよね?

泡で洗うという定番になりつつあった方法にも異論を唱える専門家が出てきたくらいです。

結論から言います。

私は、これらのどの方法もおススメしません。

実は、これらの方法は、どれも大して効果がないばかりか、むしろ逆効果になるものさえ含まれているからです。

例えば美肌に良いとされているコラーゲン。

魚由来のものは粒子が細かいため、吸収されやすい、と言われていますが、このコラーゲン、一体どのような状態で体内に吸収されるか知っていますか?

口から入れたコラーゲンは、一度、バラバラのアミノ酸に分解されてから体内に吸収されます。

つまり、そのままコラーゲンが肌組織に直行!!ということは不可能なのです。

しかも、コラーゲンはタンパク質の一種なのですが実はコラーゲンのアミノ酸組成は偏っていてタンパク質としての質は、よくないのです。

私たちの体のすべてを作っているのはタンパク質です。

もちろん、お肌もタンパク質で作られています。

ですから、わざわざコラーゲンを美容ドリンクやサプリメントから取るよりも、アミノ酸スコアの高い、例えば卵を一日1個食べた方が、断然お肌のために良いのです。(もちろん食べすぎるとよくないですが…)

あとは化粧水やクリームなど、外側から肌に直接塗って、バリアをつくるものは結局、肌自体を甘やかしてしまいます。

それによって肌組織は次第に自然治癒力をうしなって、しみ、しわ、たるみの原因にもなりかねないのです。

美肌は内側から作る!!

これが私の持論です。

そういった意味では、化粧品には限界があります。

美肌は良質な油とタンパク質によってのみ成長するのです。

ベストセラーになった「世界一の美女になるダイエット」でも紹介されていましたね。

読んだ方なら知っていると思いますが、まさに

「良質なオイルを採る事はあなたというフェラーリに良質なエンジンオイルを注ぐこと」

なのです。

結論。

  • 美肌作りに必要なことは、
  • 日焼けをしない
  • 卵を一日1個食べる
  • 良質な油を採る
  • 洗顔は一日一回
  • 保湿を忘れない
  • 化粧品に頼りすぎない

どうですか?簡単でしょう?

今日からすぐにでも実行してみて下さい。

外側から美肌を作る方法は?

美肌作りの基本は内側からですが、外側からも同時にケアできるといいですね。

注目すべきは、ズバリ、『日々のむだ毛のお手入れ』です。

なぜならば、カミソリや毛抜きによる無理な自己処理は、これらの危険があるからです。

  • 肌の乾燥
  • 肌のたるみ
  • 色素沈着
  • 肌の硬化
  • もうのう炎(赤いニキビのような炎症)
  • 埋もれ毛(埋没毛)

たとえば、ひざ下のむだ毛をカミソリでシェービングし続けると、肌の表面を削ってしまい、そこから肌の保湿成分が逃げてしまうため、乾燥肌になり、シワやたるみの原因になってしまいます。

また、脇毛を毛抜きで抜きつづけると、周辺の肌が硬くなったりメラニン色素で自分の肌を守ろうとするため、色素沈着や肌の硬化につながるケースも・・・

抜こうとした毛が途中で切れて埋没毛になったり、抜いた毛穴にばい菌が入ってもうのう炎に発展する場合もあります。

特に、お風呂場は菌が繁殖しやすい環境であるため、そのリスクも高まるのですね。

こうなってしまうと、せっかく内側から肌をきれいにしたところで本末転倒。

これらの悩みを解決するにはどうしたらいいのでしょうか?

その答えの1つとして提案したいのが、『格安の脱毛サロンに通うこと』です。

サロンといえば、費用が高くて強引な勧誘があるイメージですが、それは昔の話。

最近では大手脱毛サロンのミュゼを中心に、

『強引な勧誘がなく、たった100円で追加料金なしで脇やVラインを何度も脱毛できるサロン』

が存在します。

缶ジュースよりも安いお金で、脇やVラインを脱毛し続けられる上、プロのエステティシャンに肌の悩みを無料で相談できるため、もし本気でこれから美肌を追求するなら、脱毛サロンは有力な選択肢になるのです。

途中で嫌になったら、その後は通わなければいいだけで、ぶっちゃけ、費用は100円で済むため、カミソリや毛抜きを買って悩んでいるくらいなら、サクッと通ってしまったほうがいいです。

もしあなたが美肌を追求するなら、まずは脱毛サロンも情報もチェックしてみてはいかがでしょうか?

おすすめの脱毛サロンについては、5つの大手脱毛サロンをハシゴした経験を持つプロのエステティシャンがまとめた、以下の脱毛サロンランキングが参考になりそうです。

⇒プロが厳選した脱毛サロンランキング

次回

次は、メイクを上達させるために欠かせない、ある重要なポイントについてお伝えしたいと思います。

ただ練習するだけでは、メイクは上手にならないのです。

そこには、明確な法則が存在します。

この法則さえ知れば、その日から自分のメイクも、ぐっとレベルアップする筈です。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、多く読まれている関連記事

コメントを残す